冬のなべ紹介


by psjh53aqmo

週の新規入院患者、百人下回る―インフルエンザ(医療介護CBニュース)

 インフルエンザで新たに入院した患者数が、2月24日-3月2日の週は42人で、前週より61.5%減り、7週連続の減少となったことが10日、厚生労働省のまとめで分かった。同省健康局結核感染症課の担当者によると、週の新規入院患者数が100人を下回ったのは、「8月の上旬から中旬にかけての週以来」という。

 また、3-9日に新たに入院した患者数は速報値で18人で、2月24日-3月2日の速報値38人より少ない。

 一方、2月28日-3月6日に休校などの措置を取った学校数は124校で、前週より55.7%減り、6週連続の減少となった。


【関連記事】
A香港型、4か月ぶりに検出―インフルエンザ
インフル患者5週連続減、注意報地域は増加
インフルでの入院、6週連続で減少
「厚労省は新型インフルへの対応の総括を」―黒岩氏
インフル対策、当面は実施継続―厚労省

サイバー攻撃に無防備、193自治体(読売新聞)
普天間移設 ホワイトビーチ沖合案が浮上(毎日新聞)
はしかワクチン、接種低迷=新型インフル余波か−09年患者激減、「排除」へ正念場(時事通信)
病院薬物混入事件で医師の実刑確定へ 最高裁上告棄却(産経新聞)
DV別居の子ども手当、逃避母子など被害者へ(読売新聞)
[PR]
by psjh53aqmo | 2010-03-11 07:31