冬のなべ紹介


by psjh53aqmo

欧州信用不安の動向注視=日米財務相が電話会談で一致(時事通信)

 野田佳彦財務相は11日午前、ガイトナー米財務長官と就任後初めての電話会談を行った。約15分間の会談では、ギリシャの財政危機を発端とした欧州の信用不安について意見交換し、不安定な動きが続く金融市場の動きを注視していくことで一致した。ユーロ安が進む為替相場や中国の人民元問題は、話題に出なかったという。
 野田財務相は会談で、新成長戦略と財政健全化計画を月内に策定し、今月下旬にカナダ・トロントで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(金融サミット)で説明すると表明。会談終了後、記者団に対し、「ガイトナー長官が言う経済成長と調和的な財政健全化という考えに一致していると確信している。理解してもらえたと思う」と語った。 

【関連ニュース】
債務残高、10年後縮減=概算要求基準復活を示唆
「後ろ指さされないように」=政治とカネ、閣僚が持論
野田財務相の政策に注目=菅政権発足で米市場
菅内閣の横顔
平均年齢59.0歳=東工大卒の首相は初

「恩返ししたい」 大分・中津江村の人々がカメルーンを応援(産経新聞)
兵器造れる機械部品を不正輸出?貿易会社を捜索(読売新聞)
<参院選>みんなの党が長崎選挙区で市議擁立(毎日新聞)
琴光喜関を再聴取へ=賭博関与で警視庁(時事通信)
「とうとう来た…」都城で口蹄疫、衝撃と落胆(読売新聞)
[PR]
by psjh53aqmo | 2010-06-15 17:22